徒然に・せきららに

道しるべに

世界が変わる

 

アメリカ大統領がかわった

あまりに思いがけない結果で。

 

ふと思い出した大統領、

世界一貧しいウルグアイの前大統領。

彼のリオでのスピーチを読みたくなって検索した。

「来日してたんだ」

偶然見つけた記事で仕事中(←)なのに胸がつまった。

 

 

大きな格差を築いた資本主義社会を「美しき」「悲劇」という彼がやっぱり好き。

質素な生活を押し付けないやわらかさ、

富を求めたっていい、豊かでありたいと思うのは自然なこと。

ただ見失わないで、と語る彼が好き。

 

読みすすめるうち何度も ”はっとしてぐっ” とさせられる。

 

「私たちには戦争を終わらせる義務があります」

 

ああ、どこかで聞いた、この声。

 

ヨガ・瞑想指導者の中島正明氏が今年

「世界から戦争をなくすのが目標」と明言した。

 

「いじめと戦争はなくならない」定説を疑わなかった。

そうだよなって確信を強めるように生きてきた。

「世界平和」なんて荒唐無稽で

内戦も紛争もテロも別次元の別世界のお話しで

御伽噺のように真実味がなくて。

周囲の諍いさえ止めれないのに。

自身の欲望すら止めれないのに。

 

 

でも最近意識が変わって

愛おしさが

人へも食べ物へも植物へも

動物へ太陽へ月へ海へ川へ山へも

 

愛しくってたまらない時間がある。

 

そしたら「世界が愛でみたされてる」

なんて夢をみれるようになった。

 

在り方を教えてくれたyoga

 

 

もしかしたら、本当に世界はかわるのかもしれない。

思いがけないことがこれから起こるかもしれない。

 

ムヒカ前大統領に倣って生きたい。

「文化的な生活を意識的に過ごすこと」

バタフライエフェクトを狙って。

 

 

 f:id:yookija43:20161116232319j:image