徒然に・せきららに

道しるべに

それが一番大事

 

呼吸のことを少し書いたけれど、もう少し丁寧にお伝えします。

 

ずっと口呼吸でした。

ダイビングの体験をした20代で初めて

人は鼻で呼吸するという事実を知り衝撃を受けた。

口のほうが大量の空気を入れ替えれるし

鼻はいつも詰まっているし

鼻呼吸の重要性なんて見出せず気にも留めなかった。

ヨガを始めて鼻呼吸を勧められながらも

鼻炎なので口呼吸でかまわないとも教えられた。

(その重要性を知らないインストラクターは多い)

やっぱり重要だと思えなかった。

 

その頃のヨガはその時が気持ちいいだけで。

マットから降りれば

いつもの私でいつもの日常で

心はすぐに波たち

身体の変化もよくわからなく

ヨガの恩恵ってなんのことかさっぱりわからなかった。

(しつこい性質なので3年続けたのだけど・・・・

当時認識はできなかったけれど

この時の経験も身体に一滴一滴染みこんだのだと今ならわかる)

 

ヨガでは整わない!

様々なものに手を出した後

ひとつのツールとしてもう一度ヨガをはじめたとき

 

この言葉にであって鼻呼吸を徹底することを決めた。

 

 

 

「呼吸の質が人生の質です」

 

 

 

肺はとても大きな臓器で

呼吸量が多い人でも20%しか使えてない。

そしてこの数字とリンクする数字がある。

 

「今、ここ」の情報に脳が意識を向けてる数字。

20%だけ。

5%といわれる顕在意識のたった20%しか

今、目の前に起きてること

身体が感じてる反応に意識を向かわせていない。

(80%が過去の体験と未来のシュミレーションです)

 

「呼吸が深まれば、人生の彩りが豊かになります」

12色のクレヨンより

24色の色鉛筆で、24色より

48色の色彩で、48色よりより多くの色合いで

人生を描くことができたら

人生を感じることはどう変わるだろう。

 

鼻で 深い 呼吸 をしよう

 

与えられたものを

そのものの本来の働きで

100%に近い状態で

 

精一杯につかおう

 

そう思ったのがはじまり。

 

 

 

そうしてすぐに確信をえることになる。

 

呼吸がすべて

 

 

才能?能力??

どちらでもいい。

そんなものは磨くものでも身につけてくものでもない。

 

全部ある。

必要なモノは全部ある。

 

目覚めてないだけ。気づいてないだけ。

 

自分の中の可能性に気づきたいなら

呼吸に目覚めるしかない。

 

(めちゃコスパいいと思いません??