徒然に・せきららに

道しるべに

淡路島に輝く場所

 
「心と身体はつながってる」
最近 耳たこなこのフレーズ
 
すこし掘り下げて
 
「身体の成長と心の成長は同じ」
に目を向けたい
 
生物の進化のように
胎児から身体の発育と動き方には順番があって
 
 
 
そして
エリクソンマズローが定義するように
心の成長もなんだか段階がある
 
 
 
身体の動きは
まず脊椎(背骨)が成長し
左右を使いだし
そして別々に動かすことを覚え
ついに前後左右と真ん中が統合する(X線上に)
 
心は
本能をみたし
安全を確認し
承認欲求をみたし
自己実現をはたす
(そして自己超越へ・・)
 
けれど未発達のまますすむこともある
というよりも
みな未発達部分を残して生きる
 
脊椎の未発達は・・・・
自分の真ん中がわからないこと
背骨の感覚がないから頭の位置がわからなくて
ヘディングが苦手だったり
信念がわからなかったり
 
左右の手足を同時に使いはじめて
感情を表現できる心になり
 
はいはいを覚える頃
左右を別々に使えるバランス感覚が培われる
それはつまり情動と行動のバランスが取れるようになること
正中線(身体の真ん中)を軸に左右が使える
気持ちを切り替えて行動できるようになってゆく
(食べたい衝動を抑えて手を洗うとかね)
 
こうして土台ができていく
 
順番とおりにすすめばいいけど
とばしてたって生きていけるし成長できてるから
みな未発達で生きている
 
・・・だから どこか 生き辛さをかかえて・・・
 
情緒豊かで鋭い感受性でも信念がないと生き辛いし
バランス感覚がないと情動にふりまわされて苦しいし
信念があっても「心地いい」がわからければ
幸福感を味わいにくい
 
 
心で感じれなくても
頭でわからなくても
 
身体はこたえを知っていて
伸びると気持ちいいところも鍛えたいところも
みんな知っていて
 
いつからだって発達できる
・・成長することをのぞんでいれば・・
 
アシュタンガヨガでも
一つ前のアサナが
次のアサナの準備となる
そのアサナが未完成であったとしても
次のアサナを「なんとなく」行えたりするけど
やっぱりどこかに無理をさせてる
 
そして
いつからだって
誰だって
どんな状況からだって
やり始めることができる
 
私が灰谷孝さんの方法を愛す理由は
人の可能性を完全に信じてるから
命を尊重しているから
 
それは愛そのものだと思う
 
 
苦しみをかかえる方へ
発達障害は発達します
 
f:id:yookija43:20170627223928j:image